なんでも巻いちゃう手巻き寿司 塩分0㌘

手巻き寿司というと、海苔で酢飯と海鮮具材を巻いて大掛かりなイメージがありますが、手巻き寿司は日常的にも簡単にできちゃいます。これひとつで栄養もバッチリだし、具材を選べばダイエットもできるしといいことだらけです。具材も家にあるものや、余り物でもいいんです。たとえば、お弁当の残りの鮭の塩焼きや鶏の照り焼き、コロッケやポテトサラダだって巻いて美味しくいただけます。

材料 5本分

ごはん 茶碗2杯分(250g)
酢 大さじ1
焼きのり 2枚半
レタス 2枚
お好みで、わさび 適量

■具材の例
マグロのたたき(ネギトロ) 20g
コーン・マヨネーズ 25g
ポテトサラダ 25g
サーモン 20g
いくら 10g
カイワレ大根 適量

作り方

  1. 炊き上がったご飯に、酢を一気に回しかけます。
  2. しゃもじでご飯全体を切るように混ぜ、うちわで冷まし酢飯を作る。
  3. 焼きのりは、半分に切ります。※全型の半分10.5cm×19cm
  4. 焼きのりに、酢飯50g程度を広げます。
  5. マグロのたたきなど、各具材をのせて巻いたら完成です。
    ※具材によっては、レタスも一緒に巻きます。

アドバイス

  1. 酢飯は、十分冷やしてから握ってください。
  2. 具材は、お好みのものにアレンジして下さい。
  3. 海苔の大きさも、巻き方も自由ですから、いろいろアレンジしてみて下さい。
  4. 海苔は少しゆるめに巻くと、ふんわりと口当たりよく仕上がります。
  5. ダイエット、減塩不要の方は、酢飯に塩、砂糖を入れてください。

海苔の大きさ

海苔1枚のサイズは、原則、タテ21cm×ヨコ19cmです。
この1枚のサイズを「全型」といいます。
半分のタテ10.5cm×ヨコ19cmです。

海苔の口どけの良さ

歯切れよく、口どけの良い海苔と、いつまでも口の中に残る、なかなかかみ切れない海苔がありますね。あまり厚すぎない海苔の方が、かみ切りやすく、口どけが良いみたいです。
海苔の規格としては、100枚あたりの重量が300から350g程度が標準なので、この範囲内が口どけの良い美味しい海苔で、薄く仕上がることが多いようです。

参考食材 マグロのたたき

食の達人森源商店 ネギトロ5人前 マグロのたたき100gx5袋
海鮮タレ付き ※冷凍便
1袋あたりの価格: ¥536 / 1袋100g

参考食材 回転寿司店の手巻きセット

回転寿司店のお持ち帰りの手巻きセットを購入すると、安くて簡単に作ることが出来ますね。

「かっぱ寿司」の「お家で楽しく手巻き寿司セット」2376円(税込み)。内容はしゃり400g、のり10枚、まぐろ3枚分、真いか3枚、えび3尾、はまち3枚、ツナサラダ30g、いくら20g、まぐろたたき30g、サーモン3枚、玉子3枚分、青ねぎ、たくあん。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食塩分0㌘レシピ主食ご飯ダイエット
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました