ふわふわ卵の天津飯 塩分3㌘

ふわふわの卵と甘酸っぱいあんが絡む天津飯。酸っぱすぎない仕上がりにしています。卵とカニカマがあればできるから、とても簡単です。あっという間に出来るので、時間のない日や何も作りたくない日には持ってこいの一品です。

天津飯って中国の天津から名前を取っています。これって中国の天津に本当にあるの?
実は天津飯は、中国天津市には存在しません。天津飯は実は日本生まれの料理。発祥に関しては、浅草の来々軒発祥というもの、また大阪の大正軒が発祥である、など諸説あるそうです。

材料 1人前

  • ⚫︎ごはん
    ・ごはん お茶碗1杯
  • ⚫︎玉子
    ・卵 1個
    ・牛乳 小さじ1
    ・塩コショウ 適量
    ・カニカマ 適量
    ・タケノコ 適量
  • ⚫︎あんかけ
    ・水 200ml
    ・お酒 50ml
    ・だし醤油 大さじ1(塩分1㌘)
    ・創味シャンタン 小さじ1(塩分2㌘)
    ・水溶き片栗粉 適量
    ・ごま油 少量
    ・砂糖 少量

作り方

  1. あんかけ作り・・・鍋に水、お酒、醤油、砂糖、創味シャンタンを入れて混ぜ火にかける。
  2. 煮立ったら水溶き片栗粉を入れ、とろみがついたら火を止める。
  3. ボールに卵と筍、カニカマをほぐして入れ混ぜる。
  4. フライパンに油を入れて温め、ボールの卵を入れる。
  5. 箸でかき混ぜながら、ふんわりと半熟状に火を通す。
  6. 器にご飯を盛り、卵焼きをスライドさせてのせる。
  7. あんをかけて、お好みで紅ショウガなどをちらす。

アドバイス

  • とろみを見ながらお好みで調整してください
  • 卵は火を通しすぎず、半熟状にするとふわとろに仕上がります。

実食

あんだくで作ったので、あんがたっぷりと注がれています。
卵はシンプルな具材で、カニカマに加えてチキンとネギを入れて具だくさんにしました。あんと卵とご飯を一緒にスプーンですくうとハーモニーで?これはとても美味しい!!
甘酢の味わいはとてもシンプルで優しく、卵とご飯との相性がバツグンです!
多めに案を作りましたが、食欲がそそり、テンポよく食べちゃいました。

材料紹介

創味シャンタン やわらかタイプは、使いやすいチューブタイプに仕上げた中華万能調味料です。

【容量/価格】
参考小売価格(税別) 120g/440円

【栄養成分(小さじ1(5g)あたり)】
エネルギー :21kcal
たんぱく質:0.5g
脂質 :1.8g
炭水化物:0.7g
食塩相当量 :2.0g

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
中華塩分3㌘以上レシピ★★★お勧め
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました