減塩食

毎日の食事の塩分制限をすることで、減塩を生活習慣の改善項目とすることが高血圧症の改善になります。
高血圧症は脳卒中や心臓病、動脈硬化、胃がんにつながりやすいため、その予防と治療はとても大切です。塩分を摂りすぎると、血液中のナトリウム濃度が高くなります。ナトリウム濃度が高くなると、のどが渇き水分を摂ります。すると血管に流れる血液量が増え、血圧が高くなります。
高血圧状態が続くと血管はいつも緊張していて、全身の血管や心臓、腎臓に負担がかかます。そして動脈硬化などを惹き起こします。 動脈硬化でもろくなった血管が破れたり詰まったりすると、脳卒中や心筋梗塞、慢性腎臓病になる恐れがあります。
塩分過剰は、食べ過ぎにつながり肥満を招く要因となったり、咽頭や胃がんの一因ともいわれますので、普段から減塩はとても大切です。

くま吉をフォローする
レンジで簡単・時短 くま吉の減塩食レシピ
タイトルとURLをコピーしました