続けるには

食事で塩分を減らすのはツラい。減塩しょう油は風味が物足りないし、塩を減らした料理は文字通り味気ない。
もっとラクにできて、長続きする減塩の方法はないものか?
以下に長続きする方法をまとめてみました。

減塩食を続けるコツ

1.食べるときに塩やしょうゆ、ソースなどをかけない。しょうゆやソースは小皿にとって、チョンとつけるだけにする。
2.食卓にいつも置いてある佃煮やふりかけ、漬物などをなくす。
3.ラーメンやうどんは食べない。食べてしまった場合は汁は残す。多いものは1食の塩分が7g以上ある。
4.外食は塩分が多いので避ける。どうしても必要なときは単品で味噌汁、漬物は避ける。3g以下を目指す。
5.かまぼこ・ちくわ・ソーセージなどの加工食品は塩分が多いことを意識する。
6.ゆずやすだち、レモンなどの酸味やカレー粉などの香辛料、しそ、ねぎ、ごまなどを使い、風味で味をひきたてる。
7.かつおぶしや昆布、煮干しなどによるだしを濃くとる。
8.1品だけ塩味を効かせ、その他は塩分を抑えると味が単調にならない。
9.ごま油やオリーブオイルなど風味のある油を使うのも効果的だ。
10.野菜やフルーツに含まれるカリウムやマグネシウムなどには血圧を下げる働きがあるが腎臓疾患の人は要注意。

※現在他の疾患で治療を受けている場合は、主治医の先生に相談してください。

塩1gに相当する調味料の量

少しづつ減塩と減量に慣れるようにしましょう

くま吉をフォローする
レンジで簡単・時短 くま吉の減塩食レシピ
タイトルとURLをコピーしました