トマト坦々そうめん 塩分2㌘

トマトスープをベースとした坦々そうめんです。和食、中華、イタリアンが合わさったようなレシピです。担々麺の肉みそとトマトのスープが、合うかどうか心配でしたが、なかなか良いい組み合わせてオリジナルの味が出せました。
材料が沢山あるように見えますが、全部身近な調味料でできるのでとってもお手軽です。しかも、包丁を使うのは野菜を切るだけであとは、すべて混ぜ合わせて電子レンジにお任せです。麺はお手軽なそうめんを使用。ここは唯一、鍋とガスを使いますが、湯がくのが1~2分でできちゃうので簡単です。

材料(2人分)

そうめん 2束 200g
■ 肉味噌
豚ひき肉 100g
酒 大さじ1
甜麺醤 大さじ1(塩分1g)
豆板醤 小さじ1(塩分1g)

■トマトスープ
ホールトマト缶 200g
ケチャップ 大さじ5
水 1カップ
鶏がらスープ 大さじ1(塩分1g)
ごまだれ 大さじ2 36g(塩分1g)

■トッピング お好みで・・・
チンゲン菜 4枚
もやし 適量
タマネギ 半個
長ねぎ 適量
ラー油 適量
ごま油 小さじ1

作り方

■肉味噌
1.耐熱容器に豚ひき肉、酒、豆板醤、甜麺醤を入れて混ぜる。
2.耐熱容器の蓋をして、肉に火が通るまで、レンジ500Wで4分加熱。

■トマトスープ
3.別の耐熱容器に、水、ホールトマト、ケチャップ、鶏がらスープ、ごまだれを入れる。
4.よく混ぜたら、スープが温まるまで、レンジ500Wで3分加熱する。

■野菜トッピング
5.別の耐熱容器に、チンゲン菜、もやし、タマネギを入れる。
6.野菜がしんなりするまで、レンジ500Wで3分加熱する。

7.鍋でそうめんを茹でて、ザルに上げ、水気をきり、器に入れる。
8.器のそうめんに、トマトスープを注ぎ入れ、肉味噌と野菜をのせる。
9.白髪ねぎを飾り、好みでラー油をかけて完成です。

アドバイス

1.熱々で食べたい場合は、ラップをせずに電子レンジで、器ごと温めてください。
2.青ネギや白髪ねぎをあしらうと、より美味しそうに見えます。
3.調味料の加減は、お好みで調整してください。

実食

今回の担々麺は、そうめんの上にひき肉、チンゲン菜、もやし、タマネギをのせました。麺の量は100gですが、たっぷりの野菜トッピングのせいで、ボリューミーです。
しっかり混ぜて、いざ実食!

食べる前は結構こってりそうと思っていましたが、クリーミーなごまタレと、から味のひき肉とマッチして、コクはあるもののしつこくない味わいです。トッピングとタレがよくからんだそうめんは、食感も味の絡み方も抜群です。野菜のさっぱり感も相まって、後味に爽やかな辛みの心地よい余韻が広がります。

後半は、味変で酢を足すとさっぱり感が増すのはもちろん、ひき肉とごまの甘味が引き出されます。はじめから加えてもいいですが、途中から酢を加えて味に変化を付ける方が良いです。野菜のトッピングはヘルシー感がありました。今回はオーソドックスな野菜でしたが、サワークラウトやパクチーなどのトッピングも良いかもです。さらに野菜が加われば、たっぷり食べられヘルシーに、辛さもマイルドになります。

材料紹介

ヤマサごまだれ専科
ごまの深い味わいをいかした万能タイプのごまだれ。

香り・味ともにすぐれた「金ごま」を50%使用し、ごまの深い味わいをいかした、ストレートタイプのごまだれです。昆布だしを使用して甘みを抑えた後味の良さが、冷たいめん類や野菜サラダ、温野菜、しゃぶしゃぶなど幅広くお使いいただけます。

栄養成分(本品100ml当り)
エネルギー 136kcal
たんぱく質 2.5g
脂質 5.3g
炭水化物 18.0g
食塩相当量 3.5g(大さじ1あたり 0.525g)

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
中華塩分2㌘レシピレンジ主食
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました