納豆のピカタ 塩分0.5㌘

ピカタ(イタリア語: piccata ピッカータ)は、イタリア料理に由来する西洋料理のひとつ。イタリアにおいては、バター焼きした子牛肉のレモン汁かけ[1]を指す。

日本では豚肉に食塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、粉チーズを混ぜた溶き卵をからませてソテーしたものが「ポークピカタ」として知られている[2]。このほか、ハムや鶏肉などでも造られる。また、名古屋のあんかけスパゲティでは、「黄金焼き」と称したポークピカタが具材となる事がある。

アメリカなどではバターやパセリ、ケッパーを使ったレモンソースにレモンスライスを乗せたチキンピカタがよく知られている。

ピカタ(イタリア語: piccata ピッカータ)は、イタリア料理に由来する西洋料理のひとつ。イタリアにおいては、バター焼きした子牛肉のレモン汁かけ[1]を指す。

日本では豚肉に食塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、粉チーズを混ぜた溶き卵をからませてソテーしたものが「ポークピカタ」として知られている[2]。このほか、ハムや鶏肉などでも造られる。また、名古屋のあんかけスパゲティでは、「黄金焼き」と称したポークピカタが具材となる事がある。

アメリカなどではバターやパセリ、ケッパーを使ったレモンソースにレモンスライスを乗せたチキンピカタがよく知られている。

ピカタ(イタリア語: piccata ピッカータ)は、イタリア料理に由来する西洋料理のひとつ。イタリアにおいては、バター焼きした子牛肉のレモン汁かけ[1]を指す。

日本では豚肉に食塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、粉チーズを混ぜた溶き卵をからませてソテーしたものが「ポークピカタ」として知られている[2]。このほか、ハムや鶏肉などでも造られる。また、名古屋のあんかけスパゲティでは、「黄金焼き」と称したポークピカタが具材となる事がある。

アメリカなどではバターやパセリ、ケッパーを使ったレモンソースにレモンスライスを乗せたチキンピカタがよく知られている。

お忙しい朝にぴったりです。お子様でも手づかみ食べできるし、納豆でも汚さずに食べられます。
出来上がり大きいけどペロッといけちゃいます。いつもの納豆ご飯に一工夫!いつもと違う味を家族に食べてもらいませんか?かんたんピカタのレシピです。

材料2人分

  • 納豆 2パック
  • 卵 2個
  • だし醤油 大さじ1(塩分1g)
  • 片栗粉 小さじ1
  • かにかま 2本
  • ニラ 1本
  • えのき 1/4袋
  • ネギ 1/4本
  • うま味調味料 小袋1
  • 大根おろし 好きなだけ
  • 小ネギ 半本
  • オリーブオイル 小さじ1

作り方

  1. 納豆に醤油、片栗粉、卵を加えふわふわになるまで充分に混ぜる。
  2. さらにカニカマ、ニラ、えのき、ネギを加えよく混ぜる。
  3. 小ぶりのフライパンをしっかり熱し、オリーブオイルを流す。
  4. 混ぜておいた納豆・卵をいっきに流し入れ、蓋をする。
  5. 同時に 弱火にし、3分程焼く。
  6. ひっくり返し20秒焼き、皿に盛り大根おろしを乗せて完成です。

アドバイス

  • 納豆に醤油、片栗粉を加えて混ぜておくと 全体に混ざりやすくなります。
  • 好みで 粉チーズを加えても美味しいです。

ピカタとは

ピカタ(イタリア語: piccata ピッカータ)は、イタリア料理に由来する西洋料理のひとつ。イタリアにおいては、バター焼きした子牛肉のレモン汁かけを指す。

日本では豚肉に食塩、コショウなどで下味をつけてから小麦粉をつけ、粉チーズを混ぜた溶き卵をからませてソテーしたものが「ポークピカタ」として知られている。このほか、ハムや鶏肉などでも造られる。また、名古屋のあんかけスパゲティでは、「黄金焼き」と称したポークピカタが具材となる事がある。

アメリカなどではバターやパセリ、ケッパーを使ったレモンソースにレモンスライスを乗せたチキンピカタがよく知られている。

 

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
洋食塩分1㌘レシピ副食
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました