レンジ「ゆでたまご器」で味玉 塩分1㌘

とろっとした、半熟の味玉って美味しいですよね。電子レンジで簡単安全にゆで卵が作れる「ゆでたまご器」 を使って味玉を作りました。卵と水を入れて電子レンジで10分くらい加熱するだけです。卵の仕上がり加減も自由自在なので、固ゆで、半熟が加熱時間の調整で思いのままです。ゆで卵ができれば「すき焼のたれ」に漬けて味玉の完成です。

材料 (4人分 煮卵4個)

ゆで卵 4個
エバラすき焼のたれ 100ml(塩分4g)
※たれ100mlの塩分は約8g。半分は卵に沁み込むとして、半分は捨てる。

作り方

■ゆで卵

  1. 「ゆでたまご器」は、卵形の製品で、分解すると3つに分かれます。
  2. 下から、受け皿、卵皿、蓋があります。
  3. まず、受け皿に水を入れます。その上に卵皿を乗せ、卵を4個セット。
  4. 蓋をして、しっかり両脇のストッパーをして、ロックします。
  5. 電子レンジに入れて、800Wで10分加熱します。(固茹の場合)
  6. 持ち手を掴めば熱くないので、電子レンジから取り出します。
  7. ストッパーを外したら、冷水で卵を冷やして出来上がりです。

映っていませんが、卵皿の下に受け皿があります。

■味玉(煮卵)

  1. ゆで卵を冷水に着け、殻をむいておきます。
  2. ゆで卵をポリ袋に入れ「すき焼のたれ」を注ぎます。
  3. ポリ袋から空気を抜いて、冷蔵庫で約2時間漬けおきます。
  4. 汁気をきって皿に盛り半分に切り、味玉の完成です。

ポリ袋だと卵1つからでも漬けられます。

アドバイス

  1. 冷蔵庫から出したての卵4個を使って、M玉で 800W の電子レンジを例にすると・・
    ・半熟の温泉卵なら:6分ぐらい。黄身がとろとろの半熟卵で。
    ・味玉なら    :8分ぐらい。黄身がしっとりの出来上がり。
    ・普通のゆで卵  :10分ぐらい。いわゆる固茹で状態。
  2. 温泉卵は卵を入れずに、先に受け皿に水を入れレンジで800Wで2分位加熱します。次に一旦レンジから出し、アツアツの容器を開いて卵を入れます(火傷注意)。冷蔵庫から出した冷えた卵がいいです。再びレンジに入れ4分位温めます。このやり方だと、黄身まで熱が通る前に白身が固まるので、温泉卵風になります。
  3. 作る際に水ではなく熱湯を入れてから温めをする場合、M玉で 800W の電子レンジを例にすると・・
    ・半熟の温泉卵なら:4分ぐらい
    ・味玉なら    :6分ぐらい
    ・普通のゆで卵  :8分ぐらい
  4. 半熟を作る場合には時間が来たら、必ず水を張ったボールなんかで冷やします。そのままにしておくと、粗熱で黄身まで固くなってしまいます。
  5. ゆで卵は2時間より半日浸けたほうが、おいしいです。しっかり目の味がいい人は、1日漬けた方が美味しいと思います。亀裂が入ったゆで卵は、6時間ぐらいで味がつきます。味玉子にしてラーメンにトッピングできそうです
  6. ご家庭の電子レンジによって、また卵のサイズなどによっても加熱時間は変わると思います。※弁当の場合、卵は半熟にせず、しっかり火を通してください。

参考調味料 エバラ すき焼のたれ マイルド

エバラすき焼のたれ マイルド300ml
本醸造醤油に砂糖、鰹節の旨味を合わせ、本みりんで仕立てたまろやかなコクと甘味のある味わいです。

栄養成分表示 100ml当たり
エネルギー  たんぱく質  脂質
224kcal    3.4g    0g
炭水化物  食塩相当量
52.6g    7.9g

参考調理器 曙産業 ゆでたまご器 4個用

曙産業 ゆでたまご器 4個用、全幅18×奥行16.2×全高13.4(cm)
アマゾン価格 ¥2,074
ゆで卵4個用ですが、加熱時間を調整して、1個または2個だけ作ることもできます。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食塩分1㌘レシピレンジ時短副食
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました