ひな祭り用ちらし寿司 塩分1.5㌘

今日は雛祭りなので「ちらし寿司」と「はまぐりのお吸い物」を作りました。酢飯は健康を考えて塩抜きにしましたが結構いけます。色とりどりの具材と酢の香りが食欲をそそる早春のご馳走です。主な配役は順不同で、酢れんこん、干し椎茸の煮物、錦糸玉子、煮あなご、サーモン、イクラ、さやエンドウ、カニカマなど。
今や、女の子のお子さまの成長を願う「ひな祭り」の定番メニューとなりました。

材料(2人分)

  • ご飯 1合
  • 酢 大さじ3
  • 砂糖 大さじ2
  • 酢れんこん 60g
  • 干し椎茸の煮物 適量(塩分0.5㌘)
  • かにかま 2本(塩分1㌘)
  • 昆布 5cm角1枚
  • 煮あなご 適量(塩分0.5㌘)
  • サーモン 適量(塩分0.5㌘)
  • イクラ 適量(塩分0.5㌘)
  • さやエンドウ 1本
  • 錦糸玉子 適量

作り方

  1. ご飯を炊く、酢飯用に水分は少なめで、昆布を入れて炊く。
  2. 酢と砂糖を混ぜ合わせ、酢飯用の合わせ酢を作る。
  3. ご飯が炊きあがったら、うちわで仰ぎながら、合わせ酢をかけ混ぜる。
  4. しいたけは細かく切り、味付けしてゆでる。
  5. さやエンドウは、薄く切り、金糸卵を作り、カニカマは裂いておく。
  6. 煮あなご、サーモン、イクラは、スーパーの調理済具材を使用。(^^;
  7. ご飯が冷めたら、器に盛り、具材をのせて出来上がり。

アドバイス

  • しいたけを茹でて、合わせ酢と混ぜたものは、前日に作っておくと味がしっかりしみ込んでおいしいです。
  • 今回使いませんでしたが、リクエストの多い具材として、エビ、ハム、ニンジン、でんぶ、刻みのり等がありますね。

追加のお椀

「はまぐりのお吸い物」
ひな祭りやお食い初めなど、おめでたい席に欠かせないハマグリのお吸い物を作るレシピです。ハマグリの旨味がたっぷり味わえますよ。

作り方

  1. はまぐりは調理前に、念のために砂抜きをします。海水程度の塩水を作り、1〜2時間ほど室温に置いて砂出しをしてから、貝同士をこすり合わせるようにして洗います。
  2. 昆布と一緒に貝のうま味を引き出すので、 『はまぐりと昆布、分量の水をはじめに鍋に合わせ、冷たい状態からじっくり火にかける』、これが大切なポイントです。
  3. 沸騰したら火を弱め、少し火を入れると貝の口が開き始めます。口が開けば、はまぐりに火が通ったということになります。火を入れ続けると身が硬くなるので注意してください。
  4. 味付けは酒を加え、はまぐりを椀に盛り付け、汁を注いで完成です。お好みですが、塩は加える必要はないと思います。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食寿司塩分2㌘レシピ主食ご飯★★★お勧め
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました