レンジでつゆだく豚丼 塩分2㌘

甘辛のおいしい「つゆだく豚丼」が、めんつゆを使って、レンジで素早く出来あがります。ほんの少し加えるにんにくが味の決め手ですよ。
レンジ調理でもお肉が硬くならず、納得する美味しさに仕上がりました。玉ねぎと絡んだ甘いタレが、豚肉とぴったり合います。加熱はすべてレンジにお任せなので、とても安心で簡単です。味付けもめんつゆのみなので、難しいことはなにもありません。忙しいときの一人ランチにも最適です。

材料 (1人分)

温かいご飯 1杯分
豚肉(こま切れ) 150g
玉ねぎ(スライス) 1/4個

■ ダシ調味料(エバラ焼肉のたれで代用可)
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2(塩分2g)
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
にんにく 適量
ショウガ 適量
唐辛子 適量

作り方

1.玉葱を柵切りし耐熱容器に入れ、レンジ600Wで3分加熱する。
2.豚肉をよく切り離し、耐熱容器にダシ調味料と混ぜ入れる。
3.耐熱容器にふんわりラップをかけ、レンジ600Wで3分加熱する。
4.一旦取出し、混ぜ合わせ、再度レンジ600Wで2分加熱する。
5.丼にご飯を盛り、耐熱容器でチンした豚肉とタマネギを乗せタレをかけます。
6.お好みで一味唐辛子、キムチ、青ネギなどをかけて完成です。

アドバイス

1.めんつゆは3倍濃縮タイプを使いました。お好みに合わせて、加減してください。
2.加熱時間は電子レンジの機種によるので、加減してください。
3.レンジから取り出すときは、熱いので、やけどに気を付けてください。
4.調理時にかきまぜたお箸は食べるときには使わず、別の清潔なお箸でお召し上がりください。
5.豚バラ肉が長い場合、ハサミで食べやすい大きさに切ってください。
6.豚肉は、ロース・バラ・もも・こま切れなどお好きな部位のものをお使いください。
7.青ねぎの他に、紅生姜をのせても合いますよ。

材料紹介

減塩 エバラ焼肉のたれ 醤油味290g


「エバラ 焼肉のたれ醤油味」のおいしさをそのままに、食塩分を30%カットしました。素焼きした肉や野菜に「つけだれ」としてお使いいただけます。さらにフライパンで焼いた肉にたれをからめる、簡単「からめ焼肉」としてもご利用いただけます。

栄養成分表示 大さじ1杯18g当たり
エネルギー 28kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.3g
炭水化物 5.5g
食塩相当量 0.9g

参考調味料 だし醤油 3倍濃縮

にんべん 塩分ひかえめ つゆの素ゴールド 500ml
本体価格 : 498円 (税込:537円)

塩分30%カット(当社つゆの素ゴールド比)した化学調味料無添加の3倍濃厚つゆ。
原材料は通常品と同じ、配合技術で美味しさそのまま。だしのうまみで塩分ひかえめ。
「にんべん塩分30%カットつゆの素」大さじ一杯の塩分は1g

夏はそうめんやそば、うどんに、それ以外も和食や料理に活躍してくれる「めんつゆ」。 かつおだしや昆布だしなど、メーカーによって風味も価格もさまざまです。
今回は、にんべんの「塩分ひかえめ つゆの素ゴールド 500ml」について気になる味、香り、コスパ、塩分濃度などを調べてみました。
本当に万能に使える、めんつゆの減塩力は?

栄養成分表示<100ml当たり>
エネルギー:106kcal
たんぱく質:4.7g
脂質:0g
炭水化物:21.8g
食塩相当量:7.6g
カリウム:230mg
リン:98mg

「にんべん塩分ひかえめつゆの素」の減塩力は?
大さじ一杯の塩分:1.14g

小さじ一杯の塩分:0.38g

■大さじ一杯は、水分の場合15g=15ml
■小さじ一杯は、水分の場合5g=5ml

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食塩分2㌘レンジレシピ時短主食★★★お勧め
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました