鶏の照り焼き丼 塩分2㌘

こってりボリュームがあるメニューに仕上げたので男性の方にもオススメです。 味付けにはエバラ焼肉のタレを使いました。作り方も簡単なのでぜひ試してみてください。片栗粉を使うひと手間で、皮はパリパリでタレをからめてもクリスピーな食感、中は肉汁が溢れるほどジューシィな照り焼きが出来ます。照り焼きの甘じょっぱい香りが食欲をそそります。

材料 (1人分)

  • ご飯 茶碗1杯分
  • 鶏もも肉 小1枚(200g)
  • サラダ油 少量
  • 片栗粉 少量
  • 塩・こしょう 少量
  • エバラ焼肉のタレ 大さじ2(塩分2g)
  • 錦糸玉子卵 1個分
  • 刻み海苔 好みの量
  • ししとう 3〜4本

作り方

  1. ビニール袋に鶏もも肉、片栗粉、塩、こしょうを入れ、鶏もも肉に片栗粉をまぶす。全体についたら、肉を袋から取り出し、余分な粉を落とす。
  2. フライパンに油をひき、鶏もも肉の皮目を下に2〜3分焼く。
  3. 肉を裏返して1〜2分焼き、肉を裏返し、フライパンの油をペーパーで拭き取り、エバラ焼肉のタレを入れ中火で煮詰める。
  4. 鶏に照りがでたら、取り出して適当な大きさに切る。
  5. 丼ぶりにご飯を入れ、鶏の照り焼きを乗せタレをかける。
  6. お好みで玉子、ししとう、海苔などを盛り付けて完成です。

アドバイス

鶏もも肉と胸肉の違い
鶏もも肉と胸肉はそれぞれ肉質や味わいに特徴がある。基本的にはどちらも同じように料理に使えるが、それぞれの特徴を知っておくとアレンジがしやすい。

■鶏もも肉
鶏のももから足にかけた部分。筋肉が多いためやや堅くかみごたえがあり、鶏肉特有のおいしさが味わえる。さまざまな味つけや調理法に向く万能素材として、鶏肉の部位のなかでは特によく使われる。弾力とつやがあり、全体的に厚みのあるものがよい。

■鶏むね肉
脂肪が少なく、身は柔らかく淡泊。皮を取り除くと、ささ身のようにあっさりとして、低カロリーに。火を通しすぎるとパサつくので、火加減や加熱時間に注意が必要。身の部分が淡いピンク色で厚みがあり、つややかなものが新鮮。「皮なし」と表記されたものは、あらかじめ皮が取り除かれているので、あっさりと仕上げたいメニューなどに使うとよい。

材料紹介 減塩 焼肉のたれ 醤油味290g


「エバラ 焼肉のたれ醤油味」のおいしさをそのままに、食塩分を30%カットしました。素焼きした肉や野菜に「つけだれ」としてお使いいただけます。さらにフライパンで焼いた肉にたれをからめる、簡単「からめ焼肉」としてもご利用いただけます。

栄養成分表示 大さじ1杯18g当たり
エネルギー 28kcal
たんぱく質 0.8g
脂質 0.3g
炭水化物 5.5g
食塩相当量 0.9g

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食塩分2㌘レシピ
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました