レンジでじゃがバター 塩分0㌘

3月に紹介した「じゃがバター」を「レンジでシリーズ」にリニューアルしました。北海道の味、じゃがバターを電子レンジで簡単に作ります。濡らしたキッチンペーパーで水分を補いながら加熱することで、ほっくりとしたじゃがいもに仕上がります。ほくほくのじゃがいもに、バターが溶けてたまらない一品です。鍋で茹でるのに比べ簡単で時短、手軽に作れるのでぜひ作ってみてください。

材料(1人分)

  • じゃがいも  2個
  • 無塩バター 30g
  • ケチャップ  少々
  • パセリ  少々

作り方

  1. じゃがいもはよく洗い、芽を取り除いておきます。
  2. じゃがいもは皮付きのまま、キッチンペーパーで包みます。
  3. 水を入れたボウルに、じゃがいもをくぐらせ、ラップで包みます。
  4. レンジにじゃがいもを2つ同時に入れ、600Wで7分加熱します。
  5. ラップとキッチンペーパーを外し、十字に切り込みを入れます。
  6. お皿に盛り付け、切り込みにバターを乗せて完成です。

※お好みで、ケチャップやパセリをかけてお召し上がりください。

アドバイス

  • 爪楊枝がスッと刺さる位になったら、取り出してラップを外します。
  • ジャガイモの大きさや、レンジにより加熱時間が変わります。
  • じゃがバターにするなら、ホクホク感のあるじゃがいもがお勧めです。
    ・栗のようにな食味が特徴の『インカのめざめ』
    ・水分も多くホクホク感が高い『北海こがね』
    ・赤い皮を持っており滑らかな食感の『レッドムーン』
    ・『アンデスレッド』などもおすすめです。
  • ちなみに主流品種の『メークイン』は、水分が多くてシャクシャク感が高いので、煮物などにおすすめです。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
洋食塩分0㌘レンジレシピ時短主食★★お勧め
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました