なんちゃってパエリア 塩分1㌘

電子レンジのみで作る、なんちゃってパエリアを作ってみました。耐熱容器でお米をといで、水とその他調味料、具材をのせるだけです。鍋やお皿を洗う必要もなく、とっても簡単で便利です。
アサリの他にエビ、イカ、シイタケ、赤パプリカ、ブラックオリーブなどを入れると、魚介の旨みがたっぷりで豪華に見えます。ちょっとしたおもてなしにも使えますね。満足感のある一品です。

材料 2人分

米 1合
水 200ml
青ネギ 適量

■ダシ調味料
コンソメキューブ 1個(塩分2g)
ニンニク 少々
ショウガ 少々
コショウ 少々
ターメリック 5振り、 黄色を強く出したい場合は10振り
ローレル(あれば)1枚

■具材
アサリ(塩抜きしたもの) 10個位
冷凍むきえび 6個位
冷凍イカ 6個位
シイタケ 2個
ネギ 1/2本
カニカマ 2本
ピーマン 1個
パプリカ 1個

作り方

■お米の下準備
1.耐熱容器にお米を1合入れお米を研いだ後、水を入れ約30分おきます。
2.耐熱容器の米1合に対し、水を200mlを入れ調整します。

■アサリの下準備(殻付きの場合)
1.ボールに水をはり、塩大さじ1を加え、アサリを入れ砂抜きをする。
2.アサリの殻を、こすり合わせて、水洗いし、耐熱ボウルに入れる。
3.アサリに酒を加え、ラップをし、レンジ500Wで約7分酒蒸しする。
4.ボウルに残った“煮汁”は炊飯器に全量入れる。

■具材とダシの下準備
1.冷凍のむきエビとイカを解凍しておく。
2.ネギはみじん切りにします。
3.椎茸は、5mm角に切ります。
4.カニカマを4等分に切って潰しておきます。
5.ダシの調味料を混ぜておきます。

■調理
1.耐熱容器のお米にダシ調味料を入れ軽く混ぜます。
2.さらに具材を加え、耐熱容器の蓋をしてレンジ600wで8分加熱。
※具材のピーマンとパプリカは後から加えます。
3.レンジから取り出し、お米と具材をかき混ぜます。
4.ピーマンとパプリカを加え、弱火におとして200wで16分加熱。
5.そのまま約10分蒸して、器に盛り付け青ネギをちらして完成。

実食

一口食べてみますと、アサリとターメリックの風味がしっかりついていて、かなり美味しいです。ご飯も薄味ですが美味しくて、やや硬めに仕上がっていました。今回はターメリック 5振りしましたが、炊きあがったご飯は、期待したあざやかな黄色があまり出ていませんでした。黄色を強く出したい場合は10振り以上は必要かと思いました。
電子レンジで作る「なんちゃってパエリア」なので、どうしてもパラパラ感は少ないのですが、かなり本物に近い味は出ていました。とても満足した食べ心地になりました。

アドバイス

1.通常パエリアを作るときには米はとぎませんが、今回はプライパンを使わないので、炊き込み御飯の要領で作ります。(なんちゃってパエリア)
2.レンジで炊き込みご飯と同じ作り方ですので、ご飯のパラパラ感は少ないです。
3.仕上げにオリーブオイルを回しかけると、スペイン風になります。
4.お好みでこしょう、さんしょう、七味唐がらし、青じそをかけてお召し上がりください。
5.アサリが開いていない場合は、加熱時間を調整してください。

材料紹介 ターメリック

ギャバン ターメリック パウダー(80g)【ギャバン(GABAN)】
価格 959円 (税込)

ターメリックは「秋うこん」とも呼ばれ、晩夏~秋に白い花を咲かせます。
黄色の色づけに活躍するスパイスで、独特のやや土臭いような香りをもっています。
土臭いような香りは、加熱することで弱まり、料理の味に厚みを与えます。
カレー粉の主要原料のひとつでもあります。

器材紹介

耐熱容器 100円ショップ ラーメン用 丼用 煮物用

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
洋食塩分1㌘レンジレシピ主食ご飯
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました