海鮮だしの炊き込みご飯 塩分1㌘

鶏肉としめじと海鮮だしの、しっかり味の炊き込みご飯です。ダシには「鍋キューブ、鯛と帆立の極みだし鍋」を使ったので、炊飯器に入れて炊くだけで、お店で食べるような味になりました。味の染み込んだ鶏と野菜が、食べ応え抜群!かさ増しにもなって節約レシピとしてご活用頂けます。鍋キューブのおかげでシンプルな材料でも旨みたっぷりに仕上がります。おにぎりにもぴったりですよ。ぜひお試しくださいね。

材料(3人分)

米 2合
鶏もも肉 120g
しめじ 1/2パック
にんじん 1/3本
油揚げ 1/2枚
「鍋キューブ」鯛と帆立の極みだし鍋 1個(塩分3.4g)
水 380ml
小ねぎの小口切り 適量
刻みのり 適量

作り方

1.米は研いで、約60分浸水しておきます。
2.鶏もも肉は、ひと口大に切っておきます。
3.しめじは小房に分け、にんじんは短冊切りにする。
4.油揚げはヨコ半分に切って、5mm幅に切る。

5.炊飯器に米、鍋キューブ、分量の水を入れよく混ぜる。
6.炊飯器に鶏肉・しめじ・にんじん・油揚げをのせて炊飯開始。
7.炊き上がったらよく混ぜ、器に盛り、小ねぎと刻みのりを散らして完成です。

アドバイス

1.米2合で「鍋キューブ」1個だとやや薄味ですが、ほんのり香る鯛と帆立の風味を楽しんでください。
2.使う野菜は、大根の葉、かぶの葉、小松菜、わさび菜、大葉、三つ葉などがおすすめです。季節の葉物野菜でお楽しみください。
3.土鍋で炊くと、とっても美味しくふっくら仕上がります。土鍋で蓄熱調理!経済的なのも嬉しいです。

実食

味は複数種類出ていますが、こちらを選んだのは、普段あまり作っていない魚介のエキスを感じられそうだからです。実際に炊き込みご飯 にして食べてみると、具材で入れた鶏むね肉、しめじ、にんじんがとってもおいしくなりました。隠し味の魚介系出汁として完璧ではないでしょうか。
鍋というよりは、炊き込みご飯、野菜煮込み、コンソメ、ミネストローネの出汁としても活用できそうです。鯛とホタテの鍋キューブ1つと香味ペーストだけで、3人分のスープが作れます。

調味料紹介「鯛と帆立の極みだし鍋」

味の素KK 鍋キューブ「鯛と帆立の極みだし鍋」
キューブ1個で1人前、8個入り 72g 価格395円
「鯛と帆立の極みだし鍋」は、鯛・帆立のだしをベースに蟹と昆布のうま味を効かせ、醤油で味を調えた、あっさりしていてコクがある鍋つゆの素です。贅沢なだしがお鍋をはじめ、うどんのつゆや炊き込みご飯など幅広い料理をコク深い味わいに仕上げます。

「鍋キューブ」は、キューブ1個で1人前なので、一人鍋から大人数の鍋まで入れる個数によって味の濃さや作る量をお好みに調整することができるキューブ状の鍋つゆの素です。
■栄養成分表示(固形キューブ1個(9.0g)あたり)
エネルギー:25kcal
たんぱく質:1.3g
脂質:0.8g
炭水化物:3.2g
食塩相当量:3.4g

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食塩分1㌘レシピ炊飯器主食
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました