レンジでサバ缶の卵丼 塩分2㌘

レンジで作るサバ缶の卵丼です。サバ缶食べ残しがありませんか? 簡単に、10分もあれば作れるので、1人ランチにも便利です。
サバ缶(汁ごと)に調味料を加えて卵を乗せてレンチンして作ると、とろみダレが程よく絡んだサバ缶の卵丼の出来上がりです。野菜をレンジ加熱して、食感豊にすれば、ボリューム丼に変身します。缶詰を使うことで、下ごしらえの手間や煮込み時間が省け、時短になります。大根おろしと一緒に食べると、さっぱりとした食感と、さらなる満足感が得られます。

材料 (1人分)

サバ缶(みそ煮) 半個(塩分1g)
長ネギ 1cm程度
大根おろし 適量
麺つゆ 大さじ1(塩分1g)
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ1
卵 1個

お好みで 刻みネギ
お好みで 刻みのり
お好みで 一味唐辛子

作り方

1.サバ缶を汁ごと耐熱容器に入れて、サバの身を少し入れて崩す。
2.長ネギ、麺つゆ、みりん、砂糖を入れレンジ600Wで1分加熱する。
3.そこに卵を割り入れてかき混ぜたら、レンジ600Wで30秒加熱する。
4.軽くかき混ぜて、御飯に乗せ、大根おろしをかけて完成です。

アドバイス

好みで刻みネギがあれば、入れるとさらに美味しいです。
サバ缶が半分残っていたので、作ってみたらめちゃうまでした。

参考食材 さばみそ煮缶

伊藤食品 缶詰  鯖(さば) 味噌煮 12個
アマゾン価格: ¥2,550 (¥212 / 個)
原料 さば、味噌、砂糖、食塩
内容量:190g×12缶
化学調味料は使用せず、素材の味を生かしました
原材料:さば(三陸産)、砂糖、味噌、食塩

1缶(190g) 100g当り:
エネルギー210kcal、
たんぱく質15.2g、
脂質14.7g、
炭水化物4.2g、
ナトリウム390mg、(食塩相当量1.0g) 1缶あたり食塩相当量 1.9g

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食塩分2㌘レンジレシピ主食
くま吉をフォローする
レンジで簡単・時短 くま吉の減塩食レシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました