ふわとろ親子丼 塩分1㌘

みんなが大好きな親子丼です。卵の半熟加減がたまらない食感です!卵を分けて入れることにより、卵の固まり具合が違うので、ふわとろのおいしい親子丼が作れます。短時間でパパッと簡単にできるのに、本格的な味にに仕上がります。ぜひお試しください。

材料(2人前)

  • ごはん 400g
  • 玉ねぎ 1個
  • 鶏もも肉 200g
  • 卵 (Mサイズ) 2個
  • サラダ油 大さじ1
  • かいわれ大根 適量
  • ダシしょうゆ 大さじ2(塩分2g)
  • 酒 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • 顆粒和風だし 小さじ2

作り方

  1. かいわれ大根の根元は切り落としておきます。
  2. 玉ねぎは薄切りにします。
  3. 鶏もも肉は一口大に切ります。
  4. ボウルに卵を入れて溶きます。
  1. フライパンに油を入れて中火で熱し、鶏もも肉を入れて炒めます。
  2. 鶏肉の色がかわったら、玉ねぎを入れ炒め、作ったタレを加えます。
  3. 鶏肉に火が通り、汁気が半分になったら溶き卵の2/3の量を入れます。
  4. 少し固まってきたら残りの溶き卵を入れ、10秒程したら火を止めます。
  5. 器にごはんを盛り付け、具材をのせ、かいわれ大根を飾ったら完成。

アドバイス

  • 卵を2回に分けていれることでとろとろに仕上がります。
  • 玉ねぎの食感は切り方によって変わります。くし切りにする事で、しゃきしゃきとした食感が増しますので、お好みでお試しください。

チーズのトッピングでアレンジ

親子丼にチーズとは、味が想像しづらいかもしれませんが、クリーミーなテイストになってなかなか評判が良いようです。
ちょっとジャンクな雰囲気もありつつ、食べごたえも良好。とろとろの食感はなかなか得がたいもので、トッピングとしては面白いのではないでしょうか。

 

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食塩分1㌘レシピ★★お勧め
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました