かんたん混ぜうどん 塩分1㌘

簡単に作れて美味しい混ぜうどん!
用意するものは、うどんと調味料だけなので、すぐに作れていっぱい食べれます。
うどんをレンチンすれば、鍋も使わず器ひとつだけで超簡単に作れます。
塩分0のシマダヤの本うどんは、スーパーで3玉200円ぐらいで売られています。
麺は食塩0タイプでも、もっちりつるつる。
そのままだと少々味気ない気もしますが、うどんに乗せるトッピングをいろいろ工夫すればかなり美味しいです。
塩分は、創味シャンタン2.5gで、一人前塩分1gにおされられました。

材料(一人前)

食塩0 本うどん:1袋
■たれ
創味シャンタン:小さじ半分(塩分1g)
※チューブタイプでは1.5cmくらい
無塩和風だし:大さじ1
ごま油:大さじ1
■トッピング
天かす 大さじ3
刻み葱 ひとつまみ
卵黄 1個
■お好みで
ラー油 少量
レモン 少量
オイスターソース 少量

作り方

1.器に創味シャンタン、和風だし、ゴマ油、水を大さじ一杯入れ良くかき混ぜる
2.器にうどんを入れ、レンジで十分温める
3.レンチンした熱いうどんとタレを絡める(ここで味見する)
4.うどんの上に、天かす、刻み葱、卵黄を乗せる
5.お好みでラー油、レモンなどをかけて完成

実食
食べるときは、全体をよくかきまぜてください。
うどんと、ごま油、創味シャンタン、だし醤油がお互い喧嘩することなく、仲良く調和してくれてさっぱりとした中にコクを感じる一品です。
想像していた以上にスルスル、いけちゃいます。
卵を入れると味が薄くなりますが、黄身だけにしたのは正解でした。
はちみつなどで甘辛な味付けにする手もありかと思いましたね。
うどんの量は、1人前200gだと少し足りないくらいでした。

あとお好みで、ラー油を少しかるとやや鋭い味になります。
またレモンをかければ、酸味が増してとても良い味変になりす。
食欲がない時も全然いけます。
余裕があれば、チャーシューや味付けのひき肉などをトッピングで豪華にしてください。
また、かつおぶしや魚粉を入れてもいいのかなとも思いました。

食材紹介

1.シマダヤ 食塩0本うどん
内容量・参考価格 200g
カテゴリー 麺・生地・パスタ
メーカー シマダヤ

栄養成分1袋200gあたり
エネルギー 261kcal
たんぱく質 6.6g
脂質 2.0g
炭水化物 54.1g
ナトリウム 0mg
食塩相当量 0.0g
カリウム 19mg

2.創味シャンタン

3.にんべん 減塩つゆの素

 

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食塩分1㌘レシピ時短
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ

コメント

タイトルとURLをコピーしました