たぬきそば 塩分3.3㌘

年越し用に、あたたかい「たぬきそば」を塩分量3.3㌘で作ってみました。
使うのは、食塩0藪そば、天かす、わかめ、ネギ、減塩つゆの素だけです。
鍋を使わすに器だけで作れる、とっても時短の簡単料理です。
揚げ玉につゆがしみ込んで美味しい、定番のたぬきそばです。
お手軽なお昼や夜食にどうぞ。
ピリリとした辛さが欲しいときは、七味唐辛子を振りかけてみましょう。

ところで、関東で「たぬき」がつくものは天かすが乗った蕎麦、またはうどんですね。「きつね」は油揚げが乗っている、蕎麦、またはうどんです。
しかし、関西ではきつねといったら「油揚げが乗った、うどん」です。関東にある「きつねそば」は存在しません。また、たぬきといったら「油揚げが乗った、そば」であり、天かすは乗っていません。
つまり関西では、きつね・・・うどん、たぬき・・・そば、ということです。
東西では、随分違いがありますね。

材料(1人分)

食塩0藪そば(ゆで) 1玉
あげ玉 20g(塩分0.3g)
わかめ(乾燥) 4g
刻みねぎ 少々
減塩つゆの素 大さじ3杯(塩分3g)

作り方

1.ポットでお湯を多めに沸かしておく。
2.器にそばを入れ流水で洗い、さらに熱湯で湯がいてお湯を切る。
3.器に「減塩つゆの素」を大さじ3杯を入れ、お湯で5~7倍に薄めレンジで20秒ほど温め直します。
4.揚げ玉、わかめを乗せてできあがりです。
5.お好みで唐辛子をかけたり、刻みねぎを散らしてください。

コツ・ポイント
麺はぬめりを取るために茹でたあとに一度流水で洗うのががポイントです。
たぬきそばは揚げ玉を入れるのが定番ですが、お揚げ、ホウレンソウ、ナルト、カニカマなどでアレンジするのもおすすめです。(塩分注意)

材料紹介

食塩0 藪そば


減塩つゆの素

あげ玉

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食塩分3㌘以上レシピ時短★お勧め
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました