鶏そぼろの炊き込みご飯 塩分2㌘

鶏そぼろとしょうがの炊き込みご飯のレシピです。しょうがの香り広がる釜飯をお家で簡単に再現しました。甘辛の鶏そぼろを、たっぷりの生姜とともにごはんに炊き込みました。しめじをたくさん入れたので、風味豊かな炊き込みご飯に仕上がりました。また、鶏ひき肉も多めに加えたので、食べ応えのある一品になりました。ハチミツによる甘めの味付けで、家族みんなに喜ばれる炊き込みご飯です。

材料 3人分

米(洗米済み) 2合
鶏ひき肉 200g
しょうが 1/2かけ
にんじん 1/4本
しめじ 1パック
油揚げ 半枚
細ねぎ(刻み) 適量
水 適量

■ダシ調味料
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
ダシしょうゆ 大さじ2(塩分2g)
香味シャンタン 大さじ1(塩分2g)
はちみつ 小さじ1

作り方

1.お米を研いで、1時間ほど浸水する。
2.にんじんは、千切りにする。
3.しめじは小分け、油あげは縦半分に切ってから細切りにする。
4.しょうがは、千切りにする。
5.炊飯器の内釜に米、ダシ調味料、水を入れて混ぜ、米を平らにならす。
6.鶏ひき肉、しょうが、にんじん、しいたけをのせて、通常炊飯する。
7.炊き上がったら細ねぎを加えて混ぜ、器に盛って完成です。

アドバイス

1.塩加減は”ダシしょうゆ”の分量で調整してください。
・・・薄味:大さじ2(塩分2g)
・・・普通:大さじ3(塩分3g)
2.たっぷりの鶏肉を堪能したい場合は、250gに増やしてみてください。
3.キノコ類は、お好きなものに変更しても美味しく頂けます。
4.しっかり味の美味しい炊き込みご飯を食べるには、塩分計算して家族の好みに味を調整してください。今回はハチミツ入れて、ほんのり甘い「鶏肉としめじの炊き込みご飯」にしました。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
和食塩分2㌘レシピ炊飯器主食
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました