じゃがバター 塩分0㌘

じゃがバターで美味しいじゃがいもをゆでる方法は、3つのポイントをおさえれば、じゃがいもは驚くほどおいしくなります。①皮ごと丸々茹でること。②水からゆっくりと茹でること。③品種にこだわってみましょう。こうしたポイントを押さえるだけで、じゃがバターが本当においしく仕上がります。

材料(2人分)

  • じゃがいも  5個
  • 無塩バター 30g
  • ケチャップ  少々
  • パセリ  少々

作り方

  1. じゃがいもの泥汚れをきれいに洗い目を取ります。
  2. 皮付きのじゃがいもを鍋に重ならないように入れます。多めの水を入れ強火にかけます。
  3. 沸騰寸前になったら、弱火にして、小さな泡が出ている状態にします。
  4. じゃがいもに竹串がスッとささるまで、30~40分かけてじっくりゆでます。
  5. じゃがいもを器に盛り付け、食べやすいよう半分に割りつけます。
  6. バター・パセリをかけていただきます。お好みで無塩ケチャップも。

アドバイス

  • じゃがバターにするなら、ホクホク感のあるじゃがいもがおすすめです。
  • 栗のようにな食味が特徴の『インカのめざめ』
  • 水分も多くホクホク感が高い『北海こがね』
  • 赤い皮を持っており滑らかな食感の『レッドムーン』『アンデスレッド』などもおすすめです。
  • ちなみに主流品種の『メークイン』は水分が多くてシャクシャク感が高いので、煮物などにおすすめです。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
洋食塩分0㌘レシピ副食★★お勧め
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました