旬を食べるプラムスムージー 塩分0㌘

皮まで丸ごとオイシイくて、甘酸っぱい旬のプラムとブルーベリーを使ったスムージーの紹介です。イタリアでは、最も抗酸化力の高い果物とされているプラムですが、特に果皮には、ビタミン・アントシアニンが含まれています。スムージーにすれば、口当たりも良く、丸ごと栄養を召し上がっていただけます

材料 1人分

プラム 2個
ブルーベリー 6~8粒
レモン汁 大さじ1
豆乳 150ml

作り方

  1. プラムはよく洗い種を取り、一口大に切る。(皮は剥かなくてよい)
  2. プラム、ブルーベリー、レモン汁、豆乳をミキサーに混ぜ入れます。
  3. ミキサー(マイボトルブレンダー)で数十秒回します。
  4. グラスに注ぎ、氷をお好みの量入れて完成です。

アドバイス

  1. お好みで、はちみつを入れたり、バナナを入れて甘さを足しても美味しいです。
  2. 豆乳の代わりに、牛乳を入れても美味しくいただけます。
  3. 七月下旬からがおいしい、山梨県産の旬のプラムを使いました。
  4. おいしいプラムの見分け方は、皮にしっかりとした弾力と張りがあり、傷が付いていないもの。
    持った時にしっかりとした重みがあって、ほのかに香りがするものが食べごろで美味しいと言われています。

参考器材 ミキサー、マイボトルブレンダー

マイボトルブレンダー ブランド: Vitantonio(ビタントニオ)
価格: ¥3,714
かんたんにスムージーができるので便利です。大型のジューサーは重いし場所もとるため、なかなか出番がありませんでした。この機種なら軽るくて使いやすく、洗うのも楽なのでお勧めです。

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

とくに減塩食にはこだわりはないのですが、ダイエットの一環として減塩を続けています。料理の減塩レシピをいろいろ考えて、作って、食べるのはとても楽しいです。

うり坊をフォローする
洋食塩分0㌘レシピ飲み物ダイエット
スポンサーリンク
うり坊をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました