吉野家で塩分3g以下の食事

吉野家は、すき家と同様、安い・速い・うまいの代名詞で、牛丼の他に、豚丼、カレーなどたくさんのメニューがあります。
吉野家の牛丼は「小盛・並盛・アタマの大盛・大盛・特盛・超特盛」の6種類がそろっています。「小盛」・・・・・肉が並盛の0.7倍で、ご飯は並盛の0.8倍
「並盛」概算値・・肉が約84gで、ご飯は約262g
「アタマの大盛」・肉が並盛の1.4倍で、ご飯は並盛の1.2倍 ※アタマとはご飯の上の肉のこと
「大盛」・・・・・肉が並盛の1.4倍で、ご飯は並盛の1.4倍
「特盛」・・・・・肉が並盛の1.9倍で、ご飯は並盛の1.4倍
「超特盛」・・・・肉が並盛の2.7倍で、ご飯は並盛の1.7倍
塩分3g以下で食べられるメニューはどれだけあるのでしょうか?!

※塩分量は、吉野家公式ページで確認しました。盛つけ量は概算です。

1.牛丼 並盛 塩分2.7g

牛丼のアタマの大盛までが塩分3g以下に収まりますね。価格は消費税は含まれません。
小盛  (488 kcal) 塩分2.1g 368円
並盛  (635 kcal) 塩分2.7g 388円
アタマの大盛  (746 kcal) 塩分3.0g 498円
大盛  (846 kcal) 塩分3.4g 558円
特盛  (1,013 kcal) 塩分4.3g 708円
超特盛  (1,152 kcal) 塩分5.1g 818円

2.豚丼 並盛 塩分2.3g

牛丼より豚丼の方が塩分はやや少ないようです。塩分3g以下は小盛・並盛・アタマの大盛です。
小盛 (457kcal) 1.5g
並盛 (601kcal) 2.3g
アタマの大盛 (682kcal) 2.4g
大盛 (808kcal) 3.1g
特盛 (984kcal) 4.5g
超特盛 (1,094kcal) 6.2g

3.牛カルビ丼 並盛 塩分2.1g

牛丼より牛カルビ丼の方がカロリーは多いですが塩分はやや少ないようです。超特盛以外はみな塩分3g以下です。
小盛 (617kcal) 1.8g
並盛 (785kcal) 2.1g
アタマの大盛 (1001kcal) 2.4g
大盛 (1,119kcal) 2.4g
特盛 (1,310kcal) 3.0g
超特盛 (1,414kcal) 3.1g

4.豚生姜焼き丼 並盛 塩分2.2g

牛丼より豚生姜焼き丼の方がカロリーはも塩分もやや少ないようです。超特盛以外はみな塩分3g以下です。
小盛 (473kcal) 1.6g
並盛 (622kcal) 2.2g
アタマの大盛 (827kcal) 2.6g
大盛 (1,011kcal) 3.9g
特盛 (1,310kcal) 3.9g
超特盛 (1,104kcal) 4.1g

5.から揚げ丼 塩分2.7g

牛丼よりから揚げ丼の方がカロリーは多いいが、塩分はやや少ないようです。特盛以外はみな塩分3g以下です
並盛 (917kcal) 2.0g

アタマの大盛 (1131kcal) 2.7g
大盛 (1,249kcal) 2.7g
特盛 (1,429kcal) 3.3g

6.牛黒カレー 塩分4.5g

カレーはすべての種類、塩分3g以下のメニューはありませんでした。
並盛 (675kcal) 4.5g
大盛 (821kcal) 4.5g

※記事を最後までお読みいただきありがとうございました。

くま吉

心臓疾患があり、塩分摂取量を控えることになりました。塩分を摂りすぎると体内に水分が溜まりやすくなり、血圧を上げ、心臓に負担をかける原因になるそうです。このため塩分摂取量を1日6g未満の食生活を目指しています。

くま吉をフォローする
外食
スポンサーリンク
くま吉をフォローする
くま吉の減塩食レシピ 外食の塩分

コメント

タイトルとURLをコピーしました